1. HOME
  2. お知らせ
  3. QRコードを使わない「WeChat Pay」決済に モバイルオーダーシステム「Putmenu」が対応

NEWS

お知らせ

QRコードを使わない「WeChat Pay」決済に モバイルオーダーシステム「Putmenu」が対応

当社子会社であるプットメニュー株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役:山本 望)とボクシーズ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:鳥居 暁)は、電子決済サービスを展開するインタセクト・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:譚 玉峰)の協力のもと、モバイルオーダーシステム「Putmenu」が、QRコードを使わずに「WeChat Pay」で決済できる新しい決済手段に2019年4月10日対応しました。

「Putmenu」は、テーブルや部屋をIoT化することで、スマートフォンにPutmenuアプリをダウンロードするだけで“注文0 分”“会計0 分”を実現しています。9ヶ国(日米中韓英独仏白典)の特許取得のテクノロジーにより、テーブルや部屋を特定して注文できます。会員登録も不要です。
この度、「Putmenu」の新しい決済手段として、QRコードを使わずに「WeChat Pay」で支払いができるようになりました。「WeChat Pay」は、中国を中心に8億人以上が利用している電子決済サービスです。
これまでは、「WeChat Pay」を利用する時に利用者がWeChatアプリを起動してQRコードを提示する、もしくはレジで提示されたQRコードを読み取る必要がありました。そのため、現金やクレジットカード決済と同じようにレジやカウンターの業務が必要でした。また、QRコードが不正なものに差し替えられることで、第三者に送金されるなどの事例も報告されています。

最新記事